恵比寿のWebサイト制作・Webデザインチームのブログ。Webデザインやコーディング、SEO対策まで幅広く手掛けています。

恵比寿のデザイン制作チームのブログです。

Webデザイン、
Web制作、
SEO対策の
ご依頼・ご相談

Contact

レイアウトに取り入れたいデザインの4つの基本原則

投稿日:2018-03-19 更新日:




design_4rule

サイトのレイアウトを考える際に、「近接」「整列」「反復」「コントラスト」の4つを意識することで
情報を認識しやすく、ユーザーにとってわかりやすいレイアウトを組むことができます。

近接

関連する項目はグループ化してまとめること
他の項目とは十分な余白を取ること

design_proximity

近接の原則を正しく活用することで、視覚的に理解しやすいデザインを実現することができます。

整列

要素に視覚的な関係を与えること
ページ上の項目をきちんと整列させ、統一感を生み出すこと

design_align

整列の原則を利用することで、視線の移動が楽になり視認性や可読性が向上します。

反復

要素を繰り返すことによって、統一感や一貫性を生み出すこと

design_repetation

反復の原則を扱うことで、全体にまとまりや統一感が生まれ、情報の整理された見やすいページを作ることができます。

コントラスト

色、形、サイズ、空間を用いて異なる要素をハッキリと区別すること

design_contrust-1

コントラストを正しく扱うことで、デザインにメリハリがつき、視覚的な面白さが生まれ、ユーザーの興味を引くことができます。

 

以上がデザインの4つの基本原則になります。
これらは様々なサイトで使われており、デザインにおいて非常に重要な要素となるためしっかりと意識する必要があります。




この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • BookmarkB!
  • Pocket

Related Entries

この記事を書いた人

TOM

TOM

Webデザイナー、UI/UXデザインと共にJavascript、PHP等のプログラミング言語について日々勉強中。